ブログトップ | ログイン
sonomono news
sonomono.exblog.jp
小鹿田の旅
その便りでもお伝えしていましたが、小鹿田での滞在中、というか夜行バスで博多駅に着いてから福岡空港を飛び立つまで、ほぼずっと雨が降っていました。時おり土砂降りのような大雨が降り、小鹿田の集落を流れる谷川も増水して、滝のようになっていました。
f0233163_1114461.jpg

今回は共同窯の窯出しで、黒木富雄窯、柳瀬晴夫窯、坂本浩二窯の3軒の窯が開いたところでした。あらかじめ注文したものの他にもいいものがたくさんあったので、たっぷりと選ぶことが出来ました。また、今回は初めて坂本正美窯、黒木力(孝子)窯からも少しずつ仕入れをしたので、今後は10軒の窯全てとお付き合いしていくことになります。

共同窯には、次に窯焚きをする柳瀬朝夫窯、黒木史人窯のものが詰められていました。まだ中は暑いのですが、予定よりも遅れているそうで、雨の中をせっせと運んでいました。
f0233163_11221388.jpg

こちらは仕事場で窯詰めを待つ器。詰める作業に4日間かかるそうです。
f0233163_1125781.jpg

2,3日後には15箱ほどの荷物が届きます。これまでにない量になりそうなので、覚悟しておかなくては。。
1週間後には東花風の展示会の搬入があるので、これから開封、値付けなど、いろいろと忙しくなりそうです。
by onta-sonomono | 2010-06-29 11:44
<< 続・白い器いろいろ ひたすら西へ >>